ピンボール鬼武者

SESエンジニアの単価相場や還元率は?働くメリット・デメリット

IT業界(jie)の市(shi)場規模が拡大する中(zhong)で、SESエンジニアの単価相場が気になっている方も多いのではないでしょうか。

結論からいうと、SESエンジニアの単価相場は55万円〜65万円とされています。ただし、実際に受け取れる報酬には還元率が関係(xi)するため、あらかじめ把握しておくことが大(da)切です。

今回は、SESエンジニアの単価(jia)相場や還元率(lv)を解説したうえで、SESエンジニアとして働くメリット・デメリットや、バックエンドエンジニアとiOSエンジニアにおすすめの求人も紹介します。

関連記事:【企業向け】SESの特徴とは?企業側が依頼するメリットや注意点

1.SESエンジニアの単価相場や還元率

SESとは、委(wei)託契(qi)約の形(xing)式で企業(ye)のプロジェクトに参加(jia)して、システム開発(fa)に必(bi)要なスキルを提供する働き方(fang)です。

この項目では、SESエンジニアの単(dan)価相(xiang)場と、プロジェクトに関わるSESエンジニアに対する報(bao)酬(chou)の還(huan)元率について紹(shao)介します。

1-1.SESエンジニアの単価相場は55万円~65万円

スキルや経験値などによって異なりますが、一般的にSESエンジニアの単(dan)価相(xiang)場は、55万円〜65万円とされています。

また、SESエンジニアの単(dan)価の支払(fu)い条件(jian)は、所属先のSES企(qi)業(ye)やクライアントなどの条件(jian)によって変動する点(dian)は留意しておきましょう。例(li)えば、1ヵ月の単(dan)価が「60万(wan)円」と固(gu)定(ding)されている場合や、1ヵ月あたりの労働時間の範(fan)囲を区切って単(dan)価が固(gu)定(ding)されている場合があります。

後者の場合で、仮(jia)に労働(dong)時(shi)間(jian)(jian)(jian)160〜180時(shi)間(jian)(jian)(jian)の単価が60万(wan)円であれば、160時(shi)間(jian)(jian)(jian)以下もしくは180時(shi)間(jian)(jian)(jian)以上の労働(dong)時(shi)間(jian)(jian)(jian)になったときは、1時(shi)間(jian)(jian)(jian)あたりの単価が実際(ji)の労働(dong)時(shi)間(jian)(jian)(jian)に合わせて減額(e)・増(zeng)額(e)されます。

なお、55万円〜65万円という単価相場(chang)は、ある程(cheng)度経験を積んだSESエンジニアの場(chang)合であり、新人のSESエンジニアでは30万円〜55万円の単価相場(chang)に落ち着くと考えておくとよいでしょう。

1-2.SESエンジニアへの還元率は50~60%程度

前述(shu)した単価相(xiang)場は、SESエンジニアが所属しているSES企業に対して支払(fu)われる単価であり、SESエンジニアへ実際に支払(fu)われる報酬(chou)の還元率は50〜60%程度とされています。先ほどの単価相(xiang)場55万(wan)(wan)円(yuan)〜65万(wan)(wan)円(yuan)に当てはめると、27.5万(wan)(wan)円(yuan)〜39万(wan)(wan)円(yuan)がSESエンジニアの受け取れる報酬(chou)相(xiang)場となります。

ただし、還(huan)元率(lv)50〜60%というのはあくまで目安(an)であり、SES企(qi)(qi)業(ye)によって変動する可能性はあります。SES企(qi)(qi)業(ye)は、マージンとしての取り分で社会(hui)保険(xian)料や諸経費を支払っているため還(huan)元率(lv)100%というケースはありませんが、SESエンジニアが単価相場をアップできれば、自ずと手元に入(ru)る報酬(chou)も上がってくるでしょう。

DeFactoryでは、案(an)件内容(rong)/単価フルオープン&案(an)件選択自由かつ、還元率最大80%(平均75%)ありますので、他社よりも高い報酬が得られる可(ke)能性もあります。

関連記事:Webシステム開発にかかる費用の相場は?コストを最適化してシステム開発を進めよう

2.SESエンジニアとして働くメリット・デメリット

続いて、SESエンジニアとして働くメリット・デメリットについて詳しく紹介します。

2-1.メリット①さまざまな開発案件に携われる

SESエンジニアは基本的に指定の契(qi)約期(qi)間が終わり次第、新たなクライアントのもとで開発に携(xie)わることができます。さまざまな開発案件(jian)に携(xie)わることで、自(zi)身のスキルに磨きをかけられるのは大きなメリットといえるでしょう。

例えば、クライアントによっては大規模な開(kai)発(fa)案件にアサインされたり、最新のツールやアーキテクチャの習得機会を得られたりするケースもあります。一口にシステム開(kai)発(fa)といっても、クライアントによって開(kai)発(fa)体制や用いる技術には違いがあります。一つの企業で継(ji)続的(de)に同様のプロジェクトに携わるよりも、常(chang)に新たな学びのチャンスがあるSESエンジニアのほうがスキルアップしやすいともいえます。

担当(dang)を任された開発案(an)件でしっかりと成果を残せば、自身のキャリアアップを実現するベースにもなるでしょう。

2-2.メリット②未経験でも採用してもらえる可能性がある

相応のスキル・知識を有する人(ren)材(cai)であれば、SESエンジニアとして未(wei)経験でも採用してもらえる可能性があります。経済産業(ye)省の資料(liao)(※)によれば、拡(kuo)大する市場(chang)規模に対(dui)してIT人(ren)材(cai)の供給不(bu)足(zu)が懸(xuan)念されており、2030年には最(zui)大で約79万人(ren)のIT人(ren)材(cai)が不(bu)足(zu)すると予想されています。

そのような背景(jing)もあることから、SES企業でエンジニアとして採(cai)用される可能性は十分あるのです。ただし、SESエンジニアとして活躍(yue)するには専(zhuan)門的なスキルや知識の習得は必須となるため、日々の学習は欠かせません。

SESエンジニアの間口は比較的広いといえますが、自(zi)身の学習(xi)もしっかりと積み重ねていく必要があります。

※参考:

2-3.メリット③残業が少ない傾向にある

SESエンジニアが開発案(an)件へアサインされる際、クライアントとSES企業は事前(qian)に労働(dong)時間について契約を交(jiao)わします。そのため、基本的(de)にクライアントは、規定されている労働(dong)時間以上の作業をSESエンジニアへ依頼(lai)できません。

残業が少ない傾向(xiang)にある分、空いた時(shi)間を自身の学習(xi)やプライベートの時(shi)間へ充(chong)てられます。ワークライフバランスの取れた働(dong)き方を実(shi)現(xian)しやすいのも、SESエンジニアとして働(dong)くメリットです。

2-4.デメリット④案件によって職場環境が変化する

SESエンジニアは、一つの案(an)件ごとに常駐先の企業が変わる可能性があり、さまざまな開発経験を積(ji)めることはメリットである反面、職場環境がその都度変わるというデメリットにもなり得ます。短期契約(yue)のものであれば、3ヵ月〜半年程(cheng)度で職場が変化するため、慣れ親しんだ環境がリセットされることになります。

ただ、先述したように、職(zhi)場(chang)環境の変化はさまざまな知(zhi)識・スキルを習得できるチャンスともいえます。コミュニケーション能力を備えた方(fang)であれば、職(zhi)場(chang)の人間関(guan)係(xi)にも新(xin)鮮味(wei)を感じながら働(dong)けるでしょう。

2-5.デメリット⑤スキルがないと担当できる案件が限られる

SESエンジニアは、基本的には客(ke)先(xian)へ常駐しながら技術力を提供する役目を担(dan)っています。そのため、SES企業がエンジニアのアサイン先(xian)を決める際(ji)は、「案件で求められるスキルをエンジニアがしっかりと提供できるか」という点が重視されます。

例えば、スキルや経験があまり要(yao)求されないプロジェクトは、育成のために若手エンジニアがアサインされるケースが一(yi)般(ban)的です。つまり、年齢を重(zhong)ねたSESエンジニアでスキル・知識が乏しい場(chang)合は、担当できる案件の幅(fu)も狭まっていくことになります。

多種多様な案件でニーズの高(gao)いSESエンジニアとして活躍するためにも、スキルアップや経験量は不可欠といえるでしょう。

2-6.デメリット⑥開発完了まで携われないケースがある

SESエンジニアが関わる開発(fa)業務(wu)は、あくまでプロジェクトの一部分(fen)であることが大半(ban)です。加えて、SES契約では客先常駐の期間(jian)(jian)があらかじめ決(jue)められているため、契約期間(jian)(jian)が終(zhong)われば、開発(fa)完了まで携(xie)わることなく案件から離脱するケースがほとんどといえます。

自身が開発(fa)に携わった案(an)件を最後までしっかりと見届けたい方(fang)には、SESエンジニアの働き方(fang)が適(shi)していない可(ke)能性もあります。

3.システム開発に携わりたいエンジニアにはDeFactoryがおすすめ!

システム開発に携わりたいというエンジニアの方は、DeFactory株式(shi)会社に所属することをおすすめします。ここからは、DeFactoryで得(de)られるやりがいや、案件の特(te)徴を紹(shao)介するので、ぜひ参考(kao)にしてみてください。

関連記事:Shopifyレコメンド「PeecAI」の3つの強みと成果についてご紹介!

3-1.DeFactoryで得られるやりがい

2017年(nian)に設立したDeFactory株式(shi)会社では、開発支援(yuan)事業やコマース事業、コマース支援(yuan)事業を展開。それぞれのメンバーが協働、連携してチームとして働きかけることで、会社という組織が「個人では成(cheng)し遂(sui)げられない成(cheng)果を上げられる場」になると考えています。

また、以(yi)下(xia)のような2つの行動(dong)指針と3つの行動(dong)方(fang)針も掲(jie)げています。

【VALUES】

・BE PROACTIVE:主体者として自(zi)立自(zi)走

・BE CREATIVE:人が心から欲しがる製品(pin)・サービスを提供しよう

【POLICIES】

・TRANSPARENT:組織の透明化

・MOVE FORWARD:自(zi)由と責任のカルチャー醸成(cheng)

・SO PICKY:100の問(wen)題を100人で1問(wen)ずつ解(jie)く組織

DeFactoryでは、エンジニア一(yi)人ひとりが主体者として自立自走しつつも、「SO PICKY(100の問(wen)題を100人で1問(wen)ずつ解く組織)」というチームとしての連帯も重視しています。人々が本(ben)当に欲しいと思える製品・サービスの制作に向けて、DeFactoryの一(yi)員として開発に携われるため、大(da)きなやりがいを持って働いていただけるでしょう。

3-2.DeFactoryの案件の特徴と単価のイメージ

DeFactoryの開(kai)発では、上流工程であるアイディア構(gou)想からヒアリング、テストマーケティング、MVP開(kai)発まで案(an)件(jian)に関(guan)わることが特徴です。MVP開(kai)発は、最(zui)小限の機能を実装したシステムを構(gou)築(zhu)した上で、フィードバックを得ながら新規事業のスムーズな立ち上げを支援できる開(kai)発手法を指します。

DeFactoryでは「事(shi)業創造への伴走とコミットメント」をビジョンに掲げているため、スポット的(de)に案件(jian)に関わるのではなく、エンジニアとして全面的(de)に案件(jian)へ関わりを持てます。

4.【求人募集】DeFactoryの案件をご紹介

今回は、DeFactoryで一緒に働いてくれるバックエンドエンジニアと、iOSエンジニアを募集(ji)いたします。詳(xiang)しい案件の詳(xiang)細について、以下よりご確認ください。

案件としては、エンド直(zhi)(直(zhi)請(qing))、もしく元請(qing)直(zhi)(二次請(qing)け)の案件が90%となっております。

4-1.案件の詳細

今回(hui)募集する求(qiu)人の案件名(ming)や勤務場所、作業内容などは以下のとおりです。

案件名カーシェアリングシステムリプレイス
場所原則テレワーク※打合せなどで日本橋、虎ノ門へ出社の可能性があります。
作業内容障害原因調査・改修、設計書最新化移行関連作業、保守運用準備、次プロジェクト準備
必須スキル・AWS全般(CodePipeline、CodeCommit、CodeBuild、CodeDeploy、ECS、AWS Batch等)・SQL・Java(SpringBoot)・JavaScript(jQuery、BootStrap)・プログラミング開発経験7年以上・設計/製造/単体テスト/結合テスト/総合テスト

勤務地は原(yuan)則テレワークとしていますが、打(da)合せなどで日本橋、もしくは虎ノ門へ出(chu)社(she)の可能性(xing)もあります。そのため関東圏を軸に活動されているエンジニアの方が望ましいです。

4-2.求人募集①バックエンドエンジニア

バックエンドエンジニアの求人内(nei)容は以下(xia)のとおりです。

場所フルリモート予定
作業期間長期予定
単金時給精算(※スキル見合い)
支払いサイト35日
稼働時間月80時間以上 or 月160時間以上※平日日中で稼働可能な方
業務内容・Rubyを使ったWebサービス・アプリケーションの設計、開発、運用・マーケティングやカスタマーサポートチームの業務を支援するadminツールの設計、開発、運用・チーム開発のリード
開発環境サーバ環境:Ubuntu, nginx, unicorn, MySQL言語:Rubyフレームワーク:Ruby on Railsその他:AWS,GitHub等
その他使用ツールslack
必須経験・プログラム開発経験1年以上・テックリード、エンジニアリングマネージャーいずれかの経験(もしくはそれに準ずるご経験)※業務系システムの開発経験がある方、歓迎します
あると望ましい経験・Ruby on Railsでのプログラム開発経験・Rspecによるテストコード開発経験・AWS、Microsoft Azureでのインフラ管理経験・SREの経験
職務環境としての魅力・スタートアップ企業で共に新しい文化・スタンダードを創ることができます。・自社プラットフォームの開発に携われます。・上流工程から携わることができ、手法にこだわらず裁量をもって開発できます。・開発して終わりではなく、機能の拡張や改善など、成長期のサービスを創ることができます。・自社サービスの開発のため、納期に縛られず、品質にこだわって開発できます。・スケジュールのコントロールが可能な環境のため、残業が少ないです。・一人ひとり仕事を切り分けてお任せするので、無駄な会議もなく自分の仕事に集中できます。
こんなことをやります・高い品質と開発生産性を高次元で成立させるための各種施策・クラウドにおけるサーバーやネットワークなどの構築、運用・システムの安定稼働への取り組み( 障害調査/対応、モニタリング、障害検知や性能維持のためのモニタリング環境の構築、運用)・セキュリティ設計・運用の自動化・その他自動化(開発環境、プロビジョニング等)・クラウドサービスやミドルウェアの評価・導入・運用・社内ライブラリの開発/運用/保守
こんな技術を使いますクラウドプロバイダ: AWS、Azure(AWSに統合予定)・Infrastructure as Code: Terraform/Docker/Webアプリケーション開発: Ruby on Rails/nginx/MySQL/Elasticsearch・開発ツール: GitHub/Slack/BacklogDockerおよび構成管理ツール(ansibleを現在利用)の経験必須Productionへのデプロイ運用経験必須(現在capistrano,githubactionsを利用)監視ツール導入・運用経験必須障害対応やキャパシティプランニングの経験必須Rails,nginx,elasticsearchいずれかの経験必須

今回は、バックエンドエンジニアとしてプログラム開発の経(jing)験が1年以上(shang)あり、テックリード、エンジニアリングマネージャーいずれかに関する経(jing)験をお持(chi)ちの方を募集(ji)いたします。自社プラットフォームの開発に上(shang)流(liu)工程から関わっていただくため、品質にこだわりながら開発業務が行なえます。

4-3.求人募集②iOSエンジニア

次に、iOSエンジニアの求人内容を紹介します。

場所フルリモート予定
作業期間長期予定
単金時給精算(※スキル見合い)
支払いサイト35日
稼働時間月80時間以上※平日日中で稼働可能な方
業務内容・UI/UX改善・品質改善・新規サービスアプリの開発等
必須経験・React/ReactNative利用経験・Next.jsあるいはTypeScriptの実装経験・コードレビューをしたこと、されたこと双方の経験・iOSアプリ開発、運用の経験(特にリリース対応)
あると望ましい経験・Androidアプリ開発、運用の経験・Firebaseの利用経験(Hosting, Functions, Authentication, Firestore)

iOSエンジニアの求人として、特にリリース対応(ying)におけるiOSアプリ開発、運用(yong)や、React/ReactNativeの利用(yong)経験がある方(fang)を募集いたします。新規サービスアプリの開発や品質改善などに携われるため、ご自(zi)身のスキルを活かしながら、やりがいを持って業務(wu)にあたっていただけます。

5.まとめ

SESエンジニアの単価に対して、還元率(lv)は50〜60%程度(du)とされているため、実際に受け取れる報酬相場(chang)は27.5万円(yuan)〜39万円(yuan)程度(du)となります。

さまざまな案(an)(an)件(jian)を通して知識・スキルを身に付けられるなどメリットがある一方(fang)、開発完了まで案(an)(an)件(jian)に携われないといったデメリットもあります。

DeFactoryでエンジニアとして活躍すれば、自身の開(kai)発(fa)案(an)件に対(dui)して責任を持(chi)(chi)って対(dui)応(ying)(ying)できるため、大きなやりがいを持(chi)(chi)てるでしょう。バックエンドエンジニア、iOSエンジニアのスキルを持(chi)(chi)っているという方は、ぜひ求人への応(ying)(ying)募をご検討ください。

※案件選択自由×還元率最(zui)大80%のエンジニア転(zhuan)職をご希望の方(fang)

新規事業におけるプロダクト開発・
プロダクトマネジメントにお悩みの⽅へ

事業開発経験が豊富にある担当者が、解決策をご提案いたします︕
お気(qi)軽にお問い合(he)わせください。

この記事を書いた人(ren)
DeFactory代表取締役 事業開発、デジタルマーケティング(検索領域)、グロースハックが得意領域です。 事業の壁打ちのご相談お受けしております!

新規事業におけるプロダクト開発・
プロダクトマネジメントにお悩みの⽅へ

事業開発経験が豊富にある担当者が、解決策をご提案いたします︕
お気軽にお問い合わせください。